心の病気に注意しよう

>

よく聞くうつ病のことを学ぼう

精神的な変化に敏感になる

昔好きだった趣味が、楽しくないと感じることがあります。
単に趣味が変わっただけかもしれませんが、何をしても楽しくない場合はうつである可能性が高いです。
自分はうつにならないと思って、精神科の受診を拒否する人がいます。
ですが現代人の多くはうつに苦しんでいるので、全く関係ない話ではありません。
趣味を楽しめなくなったら、大きな心の変化なのですぐ医師に相談しましょう。

またうつになると、性欲も減退します。
性に関して興味が無くなったと感じたら、うつを疑ってください。
早く心の異変に気が付いて医師に相談することで、うつを簡単に治せます。
放っておけば治ると、甘く考えないでください。
医師の力を借りた方が、早く回復できます。

不眠症の症状が見られる

眠れなくなったら、うつの可能性があります。
特にうつになったら、疲れているのに眠れないと言った症状が見られます。
本来は、疲れていればすぐ眠れるはずです。
眠れない日々が続いていたら、うつなので適切な対応をしてください。
夜に眠れていても、目覚める予定の1時間ぐらい前に起きてしまう人がいます。
実はそのような症状も、うつの可能性あると言われています。

睡眠を確保できなくなったら、疲れがどんどん身体に蓄積されます。
疲れても身体を休ませることができないので、どんどんうつが悪化していきます。
睡眠障害が出たら、負の連鎖に陥りやすいので注意してください。
気付きにくい部分なので、これまでの睡眠を振り返ってチェックしましょう。


TOPへ戻る